So-net無料ブログ作成

「想定外」、16年前に警告 高木仁三郎  [高木仁三郎]

故高木仁三郎先生(原子力資料情報室元代表)が 日本物理学会誌の1995年10月号に掲載された論文「核施設と非常事態―地震対策の検証を中心に―」で「想定外」という姿勢に当時から警鐘を鳴らし、福島第1原発の危険性を指摘する“予言”をされていました。

以下その中から一部抜粋。

仮に、原子炉容器や1次冷却材の主配管を直撃するような破損が生じなくても、給水配管の破断と緊急炉心冷却系の破壊、非常用ディーゼル発動機の起動失敗といった故障が重なれば、メルトダウンから大量の放射能放出に至るだろう。もっと穏やかな、小さな破断口からの冷却材喪失という事態でも,地震によって長期間外部との連絡や外部からの電力や水の供給が断たれた場合には、大事故に発展しよう。~中略~
さらに、原発サイトには使用済み燃料も貯蔵され、また他の核施設も含め日本では少数地点への集中立地が目立つ(福島県浜通り、福井県若狭、新潟県柏崎、青森県六ヶ所など)が、このような集中立地点を大きな地震が直撃した場合など、どう対処したらよいのか、想像を絶するところがある。~中略~
考えられる事態とは、たとえば、原発や核燃料施設が通常兵器などで攻撃されたとき、核施設に飛行機が墜落したとき、地震とともに津波に襲われたとき、地域をおおうような大火に襲われたときなど、さまざまなことがあげられる。~中略~
そのような事態を想定して原発の安全や防災対策を論じることは、「想定不適当」とか「ためにする論議」として避けられてきた。~中略~
考えうるあらゆる想定をして対策を考えていくことが、むしろ冷静で現実的な態度と思われる。

もう想定外だったとは言わせない!
http://ci.nii.ac.jp/els/110002066513.pdf?id=ART0002195281&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1304767227&cp=

http://ci.nii.ac.jp/naid/110002066513

高木仁三郎先生については
高木仁三郎の部屋
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。