So-net無料ブログ作成
検索選択

チェルノブイリ、そして福島で今起こっていること [原発]

☆必見!
最近、福島の原発は収束に向かってる雰囲気がして安心し、放射能に対する警戒感も薄れ始めている人が多くなってるような気がします。そういう人は、もう一度このビデオ見てください。
きっと冷水を浴びせかけられる思いがするでしょう。
現実がそんな甘いものじゃないことに改めて気づかされるはずです。福島で今起こってること、これから起こるであろうことがよくわかります。。
*************************************************************************************************************


さんのカナダでの講演
 小児科医として長らく原発問題と取り組んできた人。
WHO,IAEAはチェルノブイリの被害を長年隠し続け、過小評価してきた。そのチェルノブイリと比較しても福島の現実は比較にならないほどひどいものだと指摘。カナダで­の原発問題を抱える市民に語る、チェルノブイリ・福島・そしてカナダの原発問題。

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 8

コメント 4

1969kana

なぜ、この方や、松本市長の菅谷昭氏(チェルノブイリで5年半の医療従事経験あり)など、実際に被害を見てきた人の言うことは聞き入れられず、大丈夫安心ですなどというだけの人のいうことばかり受け入れられるのでしょうね。
現実逃避したい方たちが、すがっているのでしょうけど。
by 1969kana (2011-12-03 01:36) 

うーさん

民間企業でトラブルが起きたとき、まっ先に求められるのは、事態の収束。次に、再発防止です。今回、収束は、放射性物質と人間環境の隔離が前提ですが、そこの見方がチェルノブイリと比べても大甘です。為政者にとって都合のよい、やり方ですね。国民不在。次に再発防止ですが、問題の炉は廃炉になるとしても同様原発の事が、あまりにおろそかですね。これで、西日本で起きた場合、もう立ち直れないというか、日本国内に住むのはどうかということになると思いますが、それほどのものであるのに、九電関係者もですが、経産省も親方日の丸。ならば、いっそ、東電の会長以下全社員を東電福島原発の敷地内に住まわせたらどうでしょうか。他にも東電の発電所はあるので、とりあえず、ローテーションは組まないといけませんが。経産省官僚も官民癒着ですから一緒に住まわせたらいいかも。海沿いで景色はいいし、魚も捕り放題。言うことなしです。放射能漬けが、人間にどれだけ影響がないか、自分たちを実験台にすれば皆さん、納得するでしょう。元の住民は東電社員が福島原発に移り住んだ後に、移転すればお互いハッピーでしょう。
by うーさん (2011-12-03 12:03) 

PATA

このビデオを見たら、今の国や東電が行っている政策が
どんなに恐ろしいものか実感するでしょう。
それでも見ようとしない人たちがいるんでしょうね。
人類が行き続けるであろう時間にも残る放射性物質
事態の収束に向けて全世界が生まれ変わる時です。
by PATA (2011-12-03 13:03) 

白・嶋・春・富

1969kanaさん<現実逃避したい方たちが、すがっているのでしょう・・・
まさにそうだと思いますね。安心情報のほうを信じたい・・みたいな。。
それに悲観的なことを言うと神経質だとか恐怖症だとか言われる…したがって仕方なく現実逃避してしまうってこともあるんだと思いますね。

うーさんさん<以前から思っていたことですが、この際首都機能を福島に移転させ、代わりに福島の方たちに東京に移住してもらったらいいと思いますね。国会や官庁、東電をはじめ原子力ムラ関連施設、東大をはじめ原子力関連大学施設などは線量の高い福島へ移転させる。国会や官庁などは大体東京の都心にあってコンクリ-トやアスファルトでおおわれています。それらを引きはがせばまだ放射能に汚染されていないばかりか農薬や化学肥料にも汚染されていない無垢な土地があると思うのです。それを福島の農家の方たちに使ってもらう。これいい考えだと思うんですが…

PATAさん<ほんとに生まれ変わる、変わらなければいけませんよね。
by 白・嶋・春・富 (2011-12-03 16:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。