So-net無料ブログ作成
検索選択

#東電に入ろう (倒電に廃炉) [原発]

☆今日は音楽特集で。
高田渡さんの「自衛隊に入ろう」の替え歌「東電に入ろう」です。
この歌の文句のように、東電は天国なんですね。こんな事態でもボーナスは出るし、高額の退職金も年金ももらえて…安全なところにいて…
ウランでもプルトニウムでもなんでも
下請け使えば平気です♪

同じ高田渡さんの「値上げ」という歌の「値上げ」という言葉を「原発再開」に替えた替え歌も秀逸です。
こちらも捨てがたい。
現在の政府の態度、まるで首相の国会答弁のよう。。
***************************************************************************************************************




皆さん方の中に
東京電力に入りたい人はいませんか
ひと旗あげたい人はいませんか
東電じゃ人材 求めてます

※東電に入ろう 入ろう 入ろう
東電に入れば この世は天国
男の中の男はみんな
東電に入って 花と散る

スリルを味わいたい人いたら
いつでも東電にお越しください
ウランでもプルトニウムでもなんでもありますよ
下請け使えば平気です

※くりかえし

原発推進派のみなさんは
原子炉の真下にお集まりください
いますぐ体に悪いわけじゃありません
シャワーで洗えば平気です

※くりかえし

原発はクリーンなエネルギーです
プルトニウムはそんなに怖いもんじゃありません
放射能出すといっても半減期は
たったの2万と4千年です

※くりかえし

日本のエネルギーを支えるには
原子力に頼らないといけません
多少の被爆はやむをえません
イソジン飲んでおけば平気です

※くりかえし

使用済みの核燃料はぜんぶまとめて
ドラム缶に詰めたらだいじょうぶ
六ヶ所村のプールで冷やしてます
たったの300年のがまんです

※くりかえし

水が漏れてるけど騒ぐんじゃない
煙が出てるけどあわてるな
屋根が吹っ飛んだけど全然だいじょうぶ!
とにかく塩水で冷やしてます

※くりかえし

今すぐ危険ってわけじゃないけど
牛乳も野菜も捨てましょう
政府のおエライさんが言ってます
補償は税金で払います

※くりかえし

ガイガーカウンタは売り切れてます
君たちそんなもの持っちゃダメですよ
放射線の値はこちらで発表します
信じる者は救われる!

※くりかえし

東電に入ろう 実写版

http://www.youtube.com/watch?v=Hk8caoamJiM

英語字幕版


http://youtu.be/7-HdUfz28Zk

ビアノ弾き語りバージョン



2011.5/1(日)
いつもユニークな音楽活動を続けている丸尾めぐみさん。
ハーベストガーデン(藤原聡子)の提唱にによるベネフィットライブに参加。
高田渡の「自衛隊に入ろう」の替え歌「東電に入ろう」を
歌ってくれました。風刺の効いたこの歌を茶目っ気たっぷりに。

http://www.youtube.com/watch?v=_vl73V9eD6A

英語の原曲 I Want to Go to Andorra

今話題の「東電に入ろう」は高田渡の「自衛隊に入ろう」の替え歌。これはその元歌である、マルビナ・レイノルズ作の「アンドーラ」。ピート・シーガーが歌ってます。
英語の歌詞はこちら→ http://bit.ly/q4v2F1
http://www.youtube.com/watch?v=B2yKjobBt8k

本家・高田渡の原曲「自衛隊に入ろう」


http://www.youtube.com/watch?v=WnBkmxIXOlQ

これも見てね。

メルトダウン(高田渡の「値上げ」の替え歌)


原発再開は全く考えない

キョクリョク原発に頼らないようにする

年内再開は許可しない

ただちに再開はありえない

トーブン再開のメドは立たない

今のところ再開は見送りたい

なるべく再開はさけたい

再開がある—としても今すぐにではない

再開せざるをえない—という声もあるが

十分な国民的議論が必要である

再開もさけられない—

かもしれないが先のことであろう

再開しない—と決まっているわけではない

再開も視野に入れる必要がある

再開は慎重が上にも慎重でありたいが

再開もやむをえないかもしれない

そろそろ再開すべきとの声もある

再開を望む国民の声も無視できない

やはり再開すべきとの声も大きい

再開の時期を考えたい

どうやら再開に踏みきる時がきたようだ

原発再開をすることになり

再開をする—



高田渡の『あいさつ』というCDにある「値上げ」という唄、歌詞は有馬敲。「値上げ」というところを「再開」に置き換えてみた、のは森獏郎さん。



http://www.youtube.com/watch?v=ZZTDzWIs2HM
原曲はこちらです。http://www.youtube.com/watch?v=ngcIIpT5wxs

教訓3 (加川良さんの「教訓Ⅰ」の替え歌)

http://youtu.be/dcGz2tlbWWM
原曲 http://www.youtube.com/watch?v=ENFWrI3PSkQ

プルトニウムの場合 (「フランシーヌの場合」の替え歌)

http://www.youtube.com/watch?v=qo_pxVzZXCE


1969年のヒット曲、「フランシーヌの場合」の替え歌です。

フランスには原曲がなく日本でつくられたオリジナルの歌です。
いまいずみあきら 作詞 郷 五郎 作曲 1969年6月15日発売

原曲は、こちら http://www.youtube.com/watch?v=AwKNE-1g5WY
歌は新谷のり子さん














nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 4

kana

すごい風刺ですね!

電力会社の中で、東○は一番マシな体質という人もいますね。
確かに…コチラの電力会社をみていると、そうなのかもしれないと思ってしまう…。
by kana (2011-12-12 01:20) 

白・嶋・春・富

kanaさん<他の電力会社はよくわかりませんが、東○はこの歌ではないですが天国だと思いますね。これだけの事故を起こしながら、いまだに捜査機関が入れないし、反省してるとも思えないですからね。
by 白・嶋・春・富 (2011-12-12 13:50) 

PATA

見事な替え歌ですね。歌詞が皮肉たっぷりで逸品ですね。
by PATA (2011-12-12 14:45) 

白・嶋・春・富

PATAさん<この替え歌、ほんとにお見事だと思いますね!
by 白・嶋・春・富 (2011-12-13 16:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。