So-net無料ブログ作成

子供の被ばくに気をつけなくてはいけないのは何故か [放射能・放射線]

☆学習院大の田崎晴明(学習院大学理学部)氏が、「子供の被ばくに気をつけなくてはいけないのは何故か」について述べています。
一読の価値ありです。
放射線影響研究所のメンバーが著者として多く参加、 ICRP などの公式の報告書でも引用されている、いわば「主流派」の研究結果でさえも「小児ガンのリスクはきわめて」高くなると言っています。

「 20 歳前の発ガンの ERR( 過剰相対リスク(Excess Relative Risk)が(1 Sv の被ばくで)20 というのはきわめて高い比率。被ばくしていない人に比べて、ガンを発症する割合が約 20 倍になる。」
「危険を過激に訴える立場の人ではなく「主流派」の論文に見られるという事実は重く受け止めるべきだ。」

********************************************************************************************************************原文はこちら↓

放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説「子供の被ばくに気をつけなくてはいけないのは何故か」


nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 6

コメント 3

kana

あの涙を流して抗議の辞任をした小佐古氏も推進派でしたが、子供に年間20mSvの基準だなんてとんでもないとおっしゃってましたからね…。

by kana (2011-12-14 01:21) 

PATA

やはり子供に与える影響は大きいのですね。
これから小児がんが増えていくのでしょう。怖いです。
by PATA (2011-12-14 04:45) 

白・嶋・春・富

kanaさん<そうですね、推進派と言われる人達の言ってる論文でさえも危険がわかるってことの持つ意味は大きいと思いますね。

PATAさん<小児がんはもちろんですが、子供たちがこれから大人になっても、被曝していない子供たちより明らかにがんになる率が高いってことになりますね。大変なことです。
by 白・嶋・春・富 (2011-12-14 16:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。