So-net無料ブログ作成

2011/12/21 ガレキは受け入れない! 会見/敦賀市議会が原発推進意見書可決 もんじゅ研究継続など [原発]

☆瓦礫を受入れない、受け入れに反対という全国各地の住民に対して、地域エゴだという批判があります。
しかしそれは本当に地域エゴでしょうか。
一方敦賀市市議会は、全国で原発反対、もんじゅ廃止の声がある中、原発推進意見書可決 もんじゅ研究継続を訴えています。
原発が一度事故を起こせば被害は一敦賀市だけで留まらないことは明らかです。
そんな被害が全国に及ぶような問題を原発立地の一地方都市(自分たちだけの都合=交付金が欲しい)だけで決めていいんですか?
どっちが地域エゴでしょうか?
***************************************************************************************************


2011/12/21 ガレキは受け入れない! 会見


*2011.12.21 がれきは受け入れない!会見 @ 大阪市政記者クラブ*



◎ 動画 ◎
IWJ中継市民チャンネル 大阪Ch1 http://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1

全国に拡散されつつあるガレキを、受け入れるという大阪府に対して、有志の医師たちが
立ち上がりました。 国民の命と健康を第一に考える医師たちが、内部被曝の危険性の観点から、
ガレキの受け入れについて反対します。 国が定める基準値や許容値の問題ではなく、
そもそも受け入れてはならないということが、よくわかります。東京電力福島第一原発により、
東日本のかなりの土地が汚染されている以上、大阪のような汚染されていない地域は、
守らなければなりません。ガレキについて医師による声明が発表されるのは、今回が初めてです。

会見者:  中山憲  (整形外科医 コロンビア大学留学中)
      布施純郎 (内科医 小杉中央クリニック院長)
      橋本百合香(小児科医)
      大阪府在住 一児の母

会見団体: 放射能防御プロジェクト

会見場所: 大阪市政記者クラブ

がれき受け入れについて医師の立場からの意見書

**************************************************************************************************************

敦賀市議会が原発推進意見書可決 もんじゅ研究継続など
(2011年12月22日午後6時55分)
.


 福井県の敦賀市会は22日の本会議で、高速増殖炉「もんじゅ」の研究継続や日本原電敦賀原発3、4号機増設計画の本格着工など原子力政策の堅持を求める意見書を賛成多数で可決した
東京電力福島第1原発事故後、県内の地方議会で原発推進の意見書を可決したのは高浜町会に続き2例目となる。

 政府は原子力・エネルギー政策の見直しを進め、来年夏ごろに結論を出す方針。脱原発依存を表明している野田佳彦首相は「新増設は困難」との考えを示し、もんじゅも抜本的な見直しを求められている中で、立地自治体としての強い危機感を示した形だ。

 本会議では敦賀商工会議所が提出していた原子力政策の堅持を求める請願を賛成多数で採択
討論で3人が反対意見を述べ、今大地晴美議員(無所属)は「福島で何が起きているのか(考えるべきだ)。非常識としかいいようがない」と批判。前川和治議員(同)は「福島第1原発と同型で、運転開始から40年以上が経過している敦賀1号機は廃炉にすべきだ」と指摘した。

 その後、請願と同じ趣旨の意見書が議員提案され、常岡大三郎議員(市政会)は「原発の安全確保を最優先に、国民の経済・生活、立地地域に配慮が必要」と提案理由を説明した。
上原修一議員(共産党)は「再生可能エネルギーへの移行が大切。期限を決めて原発政策を縮小すべきだ」と反対意見を述べた。

 採決の結果、賛成21人、反対4人で可決した。

 意見書では1停止中の敦賀1、2号機の再稼働に向けた着実な手続きの進行2敦賀3、4号機の本格着工に向けた速やかな手続き3もんじゅの存続と研究継続―を求めている。
関係省庁などに提出する。

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 3

kana

地域エゴということにして反対意見を封じ、汚染を全国に広げ、「福島」だけ病気発生率が上がらないようにさせたいのでしょう。
西日本まで汚染されたら、完全に日本は終わってしまいます。
騙されている人は、いい加減、精神のメルトダウンから目覚めてほしいですね。
by kana (2011-12-24 02:00) 

PATA

地域エゴでも何でもありません。放射能から身を守るためには
至極当然の反応だと思います。
敦賀市市議会の意見可決、いい加減にして欲しいです。
次のご訪問も来週になります。すみません。
by PATA (2011-12-24 12:30) 

白・嶋・春・富

kana さん<地域エゴとか、住民エゴとか問題のすり替えがうまいですよね。放射能は閉じ込めが原則のはずなのに。。。
騙されてはいけません!

PATAさん<敦賀市議会のほうがよっぽど地域エゴ、住民エゴだと思いますね。
by 白・嶋・春・富 (2011-12-24 16:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。