So-net無料ブログ作成
検索選択

米でプルトニウム検出って本当なのか?&3・15「東京を襲った見えない雲」 [小出裕章]

米国でプルトニウム・ウランが検出される:過去20年間で最大値!プルトニウム239やウラン238が大幅上昇

http://t.co/AgnqdDM



3.15東京の空気中放射能を小出さんの分析; 年間の許容値が一日で…1mSv

3月15日東京を襲った「見えない雲」
東京電力福島第一原発では、3 月12 日の1号機と14 日の3号機の爆発に続いて、15 日午前6時過ぎ
に2号機で爆発が起こった。フランス大使館は15 日午前の段階で「10 時間ほどで東京に弱い放射能が
到達するおそれがある」として、都内在住の自国民に外出を控えるよう勧告した。我が国の政府もテレ
ビで解説する「専門家」も「健康には何ら影響の無いレベル」と繰り返しアナウンスした。
文科省が公表している「全国の放射線モニタリング状況」の東京を見ると3 月15 日のグラフには2つの山が記されている。1つは10 時前後に0.5 マイクロシーベルト、1つは19 時
前後に0.35 マイクロシーベルト。これを見る限りはたいした値ではない。しかし注意したいのは、これはガイガーカウンターのような計測器で計った外部被曝を意味する放射線量だということ。場所は新宿区。
3 月18 日、大阪府熊取町にある京大原子炉実験所内で、原子炉安全研究グループが主催する「安全
ゼミ」が開かれた。※安全ゼミのサイトhttp://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/index.html
小出裕章さん(助教)は、「安全ゼミ」の直前まで行っていたという15 日に台東区で採取された空気の
分析結果を公表した(表1)。
これは空気中の放射能を吸引して分析したもので、
表1 3/15 台東区の大気の分析結果当日、あたりを歩いていた人々はこれらの放射能を吸
い込んだのだ。放射能の濃度はベクレルで表される。
それが人体に与える影響を放射線値に換算して示した
のが実効線量で単位はマイクシーベルトで1日あたり
の線量に換算されている。
小出分析は210 マイクロシーベルト。ただし、吸引
できるのは粒子状の放射能に限られ、ガス状の放射能
は補足できない。小出さんの話では、それがヨウ素の
場合、「6~7 倍」あるのだという。それを加味すると「お
よそ1000 マイクロシーベルトと考えられる」という。
1000 マイクロシーベルトといえば即ち1ミリシーベ
ルト。一般人の年間「許容値」に等しい。私たちが一
年間に浴びてもよいとされる値を、わずか1日で、そ
れも吸い込んだことになる。決して「健康には何ら影
響の無いレベル」ではない。
この日の「安全ゼミ」には推進サイドの専門家とおぼしき人も来ていて、小出さんにすかさず「15 日
の(放射能の)滞留は3 時間だった」とクレームをつけた。小出さんは24 時間で換算しているから、そ
の8 分の1 が妥当だという意味だ。小出さんは「それは知りませんでした」と答え、やりとりはそれで
終わった。
東京都産業労働局が世田谷区での放射能測定結果を公表しているのを見ると15 日は丸1 日放射能が滞留している。小出分析は都の分析結果より数値が高い。
一方は台東区で一方は世田谷区、23 区内に濃淡差があるのだ。
表2 3/15 東京都の大気の分析結果(抜粋)
濃度Bq/m3 μSv/日10:00~11:00 11:00~12:00 小出分析※
ヨウ素-131 496.8 90 241 83 720
ヨウ素-132 518.9 0.9 281 102 450
セシウム134 119.7 31 64 24 110
セシウム137 112.4 20 60 23 130
合計1247.8 141.9 646 232 1410
24 時間吸引世田谷区で測定μ Sv/日は小出分析から比例配分※ 11:14 ~ 12:14
最も高い値が出たのが10:00 ~ 11:00。その次が11:00 ~ 12:00 で小出分析のデータ収集時間に近い。
11:14~12:14吸引小出裕章さん分析
都のデータの最も濃度が高かった時間帯に近いところに小出分析のデータもあること。核種を都と合
わせれば1 時間の比較では小出分析結果は6 倍高い。
一方、都のデータの総量は約1248Bq/m3 だが、小出分析のように核種を増やせば当然、値は増える。
ここから導かれる実効線量は都のそれは142 μ Sv/日(小出分析より比例配分)、ガス状を加味して5倍
として700 マイクロシーベルトほどということになる。つまり1 日で0.7 ミリシーベルト。小出さんは1
日あたりおよそ1 ミリシーベルトと推測した。いずれにしても文科省の広報値よりずっと多い。
文科省は外部被曝を示して「健康には何ら影響の無いレベル」と言ってるが、都のデータ、小出さん
のデータはともに内部被曝で「健康には何ら影響の無いレベル」とはいえない数値だ。特に幼児、「成
長盛りの子ども」は内部被曝には要注意だから、フランス大使館が自国民に勧告したように、政府も都
民には「念のため外出を避けて窓を閉めるように」勧告すべきだった。

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年間被曝上限50mSvの撤廃 [小出裕章]

4月28日MBS(毎日放送)ラジオたね蒔きジャーナルに、京都大学原子炉実験所助教小出裕章先生が出演。

福島郡山市の土の除去、取っても最終処分地がなく行き詰っている、福島原発周囲は無人地帯にしないといけない、そこに汚染物の「墓場」にしないといけないと・・

50ミリの規定があると他の原発に支障が出るので、被曝規定緩和は、作業員が追い詰められている、そんなことを国が一方的に決めていいのかと・・・

キュリュウムが原発敷地内から出ましたが、プルトニウムがあり、ウランが核分裂させて、ウランに中性子を加えてプルトニウムになり、さらにアメリシウム、そしてキュリュウムになる。ウランがプルトニウムになり、そうなると、アメリシウム、キュリュウムも当たり前に出る。キュリュウムはとてつもなく悪影響(プルトニウムより毒性大、ただ量が少ないので危険度は大きくならないものの)であり、ウランの燃料ペレットが融けているわけで、キュリュウムがさらに大きく出る危険性もあると・・・






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東電女性社員の被曝、内部被曝関係 [小出裕章]

27日、MBS(毎日放送)ラジオのたね蒔きジャーナルに小出裕章先生が出演。

東電女性社員の内部被爆について、1号機の高濃度汚染についてなど語っています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「100000年後の安全」 [原発]

是非観てみたい映画



本作品はフィンランドのオルキルオトに建設中の、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場"オンカロ(隠された場所)"と呼ばれる施設に、世界で初めてカメラが潜入したドキュメンタリー作品です。

高レベル放射性廃棄物は安全な状態になるまで、10万年間かかると言われています。フィンランドでは、固い岩盤を掘削し地下500メートルにまるで地下都市のような巨大な施設を、自国の原発から出る放射性廃棄物の最終処分場として作る事を計画しています。現在の段階では正式に運用されるのは2020年を予定しています。

アップリンクでは、本来この作品を今秋に公開する予定でした。しかし、福島原発の放射能汚染の事故が起き、原発に関する知識を得る事を必要としている人が多いと思い、2011年4月2日から緊急公開する事にしました。

共同通信が震災後(26、27日)行った世論調査では、原発を「減らしていくべきだ」と「直ちに廃止」の合計が46・7%、「増設」と「現状維持」をの合計が46・5%とほぼ同数でした。この映画の配給会社の代表である僕の個人的意見としては、自分は科学を信じているので、原発を人間が完全にコントロールでき、放射性廃棄物を安全に処理する方法を確立しているならばという条件付きで原発はあってもいいと思います。ただし、それが不可能ならば、要するに現状ではそうですが、新たに原発は作るべきではないし、今ある原発は停止していき、節電と代替エネルギーの技術的方法を考えるべきだと思います。

本作では、安全になるまで10万年を要するという高レベル放射性廃棄物を、果たして10万年間も安全に人類が管理できるのかという問題を、フィンランドの最終処分場の当事者たちに問うています。

本来映画を公開する前にマスコミ向けの試写を行い、その際に配布する映画を解説したプレスシート、また観客に映画の理解を深めてもらうためのパンフレットなどを作りますが、それらはまだ準備できていません。今回は映画の上映を行いながら、メディア関係者や専門家に作品を観ていただき、作品解説の資料を作っていきたいと思っています。また、公開後になりますが、監督の来日も企画しているところです。なお、この映画の入場料の内、200円を東日本大震災の義援金として寄付致します。

アップリンクでの上映は既に上映を決めていた作品などもあり、当初は1日朝1回の上映ですが、調整ができ次第回数を増やしていきます。従って、客席数40人の劇場で上映するので大変込み合う事が予想されます。整理券は上映開始の30分前(4月2日は9時45分から)配布します。当初は席に限りがあり観客の皆さんには不便をかけるかもしれませんが、ロングラン公開を予定していますのでご了承ください。

浅井隆(アップリンク社長)
2011年3月30日

マイケル・マドセン監督の言葉

10万年もの耐久性がある世界初の放射性廃棄物の最終処分場を造るオンカロ・プロジェクトは、建築学的にも哲学的にも、これまでのどの先人の試みをも越えるものです。現代の異様な解決法は新しい何かを表しており、我々の時代の象徴になると思っています。

記録しがいのある(暴きがいのある)現実が1つの実体のみで構成されているとは思いません。むしろ、現実とは、その解釈によって決まる、解釈の余地があるものだと信じています。つまり、私は、どのように現実が解釈できるか、解釈されているのか、その可能性とそれを構成するものに興味があるのです。

+ 監督プロフィール
未来のみなさんへここは21世紀に処分された放射性廃棄物の埋蔵場所です。
安全な所に保管する必要があります。
決して入らないでください。

放射性物質は危険です。
透明で、においもありません。
絶対に触れないで下さい。

地上に戻って、
我々より良い世界を作ってほしい。
近づかなければ安全です。

幸運を。

マイケル・マドセン

以上公式サイトより
http://www.uplink.co.jp/100000/

監督・脚本:マイケル・マドセン
脚本:イェスパー・バーグマン
撮影:ヘイキ・ファーム
編集:ダニエル・デンシック
出演:T・アイカス、C・R・ブロケンハイム、M・イェンセン、B・ルンドクヴィスト、W・パイレ、E・ロウコラ、S・サヴォリンネ、T・セッパラ、P・ヴィキベリ
配給・宣伝:アップリンク
(2009年/79分/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア/英語/カラー









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

4号機汚染水は本当に3号機からか [小出裕章]

2011年4月26日MBS(毎日放送)ラジオたね蒔きジャーナルに、京都大学原子炉実験所助教小出裕章先生が出演。

土壌汚染について 、4号機 地下汚染水濃度高まる、について語っています。






nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

情報一本化のリスク [小出裕章]

2011年4月25日MBS(毎日放送)ラジオのたね蒔きジャーナルに小出裕章先生が出演。

情報公開のあり方に関して細野補佐官が記者会見の一本化を発表しました。

その情報公開について、水棺はどうか?など

について小出先生が語っています。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

常務取締役以上(17人)は役員報酬を半減 [世間の話]



 東電は、常務取締役以上(17人)は役員報酬を半減にするそうです。
この期に及んでまだ半分の給与を貰う気なのかって呆れますね。
よく言えたもんですね。
少なくとも社長以下役員全員は責任を感じるなら報酬全額を賠償費用に当てるべきでしょう。
無報酬でボランティアで役員やったっていいでしょう。
普段高額報酬を得てるんだからそのくらいしたっていいでしょうに!
この連中ほんとに責任感じてんのかね?


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~ [原発]

日本が原発を導入した経緯を明らかにしたドキュメンタリーです。
必見。

原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~43:59 -
◆「毒をもって毒を制する」 第5福竜丸事件で反核・反米の世論が高揚する中、日米が協力し民間から行った世論形成の全貌を明らかにする。(現代史スクープドキュメント 1994年放送)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世田谷区長選、脱原発の保坂氏が当確 [世間の話]


原発推進の都知事が選ばれて失望していたが、世田谷で脱原発の保坂展人さんが区長に当選確実。保坂さんは、
「世田谷に、原子力発電に変わる代替エネルギーを研究開発するフロンティア的拠点を作り、企業や大学技術者、そしてNPO, NGOなど、さまざまな力を結集する。 いま、出すべき答えは津波に強い原発ではなく、子どもたちが安心して外で駆け回っていい環境をつくることです。 そのためにも、不要不急の公共事業に特化しやすい傾向からの転換を行います。」
と公約しています。

まだまだ東京都民も捨てたもんじゃない!!![わーい(嬉しい顔)]
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。