So-net無料ブログ作成

京都大学・今中哲二先生インタビュー [今中哲二]

5月29日ジャーナリスト岩上安身氏による京都大学原子炉実験所・今中哲二先生インタビューです。



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream

(チェルノブイリの調査から)原発事故が起きると突然に周辺の村や町、地域の文化が根こそぎなくなってしまう。
科学的な厳密さにこだわると事実がぽろぽろ抜けていく。
福島の事故の後、データが出てこないことにびっくりした。
一番酷いのはSPEEDI。

3/12全電源喪失でおかしくなっていると聞いてスリーマイルが起きていると分かった。
1号炉水素爆発のドカンでスリーマイルを超えたと判断。
14日3号炉のドン、15日2号炉格納容器がボンと爆発、4号炉使用済燃料プールの水素爆発で、チェルノブイリだと認識した。

原子炉の中、燃料棒の中に入っている核燃料が遮るものなく外に出ていく、これがチェルノブイリの定義。
2も1も3も格納容器は壊れている。
政府の発表は希望的観測。
保安院も斑目委員長も事故が起こるなんて考えたことないから、即座に判断できていない。

菅総理は順序が逆だ。
原子力政策を見直すという覚悟をして、福島の経験を見て「まず浜岡は危ないから止める」でなければならない。
菅総理は思いつきで発言して、思いつきで決めている。
政治がそうであっては我々庶民は困る!庶民は投票で政治を変えていくしかない。

今回の福島原発の対応を見ていると、とてもじゃないけど日本国の責任ある人達に原子力をうまくやっていく能力があるとは思えない!
福島もメルトダウンしたが、日本国政府の責任ある人々自身もメルトダウンしているという雰囲気を感じて恐ろしい

暫定基準を設定しても良いが、それ以下でも数値を明示して、食べたらどのくらい被曝するのか知らせるべき。
子どもの20mSvはべらぼう。
ましてや被曝する場所は学校だけではない。
不思議なことは、日本国のオーソリティがみんな100ミリと言いだしたこと。

広島・長崎のデータを見ると、影響が出るのは50mSv。(『100ミリ』と言っている専門家は)ついこの間までみんなそう言っていた。
1950年代、妊婦のX線写真を撮っていた頃のデータによると、5~10mSvで子どもの白血病が増えるというデータがある。

病気を防ぐには、危ない側に立って行政判断することが予防原則。
考え得るリスクは避ける。
ICRPがやっている放射線の基準を勧告する行為は、サイエンスではない。
社会的行為(判断)。
ただ今回問題のセシウムは、放射能の中でも扱いやすい核種だと思っている。

3/15日に東京に放射能が飛んできた。このときはむやみに外へ出るべきでないレベルだった。

飯舘村に不揮発性元素バリウム/ランタンが飛んでいるが、ジルコニウムは出ていない。
「原子炉は止まっている、再臨界も起きていない、でも核分裂は起きている」という仮説を持っている。
六ヶ所でも、プルトニウムが中性子を出しウランに当たり核分裂が起きている。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京電力福島原発事故後に産まれた耳なし子うさぎ [放射能・放射線]

やはり放射線の影響でしょうか。 これは怖いです。 ブリーダーが「数多くウサギの赤ちゃんを育ててきたが、うちでは見たことがない。」と言った事実、複数の獣医師、研究者も「見たことがない」という事実は重いんじゃないでしょうか。 場所といい、タイミングといいぴったり当てはまって恐ろしいです。

*ネットで大論争…白い「耳なしウサギ」は本当にいた
(産経新聞)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110529-00000523-san-sociより

5月21日、耳のない白い子ウサギを撮影した2分あまりの映像が、動画投稿サイト「YouTube」にアップされた。投稿者は紹介文で、撮影場所を福島県浪江町としており、ネット上では真贋論争を含めて大きな反響を呼び、再生回数は約100万回にまで伸びた。今回、その飼い主が取材に応じ、耳のないウサギは確かに実在することが判明した。(鎌田剛)

[フォト]20羽以上を飼育している杉本さん方のウサギ小屋

 「耳なしウサギ」の飼い主は、同町に住む杉本祐子さん(56)。約18年前からウサギを飼い始め、知人から譲り受けたり、ペットショップで買ったりして少しずつ数を増やし、現在は大人のウサギだけで21羽を飼育している。ウサギ小屋は、ハーブや山菜など自然あふれる私有地に設けられていた。福島第1原発からは30キロ以上離れている。

 ウサギは春が出産シーズン。小屋の中にある巣穴で出産するため、耳なしウサギがいつ出生したかは、正確にはわからない。5月7日にうっすら毛が生えている状態の赤ちゃんウサギを確認し、同月11日には「まだ目が開いていなかった」ということから、4月末ごろに出生したと杉本さんは見ている。

取材した5月28日には、フワフワの真っ白な毛に包まれ、手のひら大の大きさになっていた。耳のないウサギは、ほかに3羽のきょうだいがいるが、いずれも耳はあった。

 YouTubeへの投稿は、今月半ばに耳がないウサギがいるのを知人が発見。ビデオ映像に撮影し、杉本さんがコメントを付けてアップされた。「珍しいウサギがいるというという気持ちで、原因が何かを知りたかった。今まで耳のないウサギは生まれたことがないから」といい、原発問題を社会に訴えるといった意図はなかったという。

 だが、反響は予想外に大きく、閲覧者のコメントの中には、誹謗中傷だけでなく「警察に通報する」「逮捕される」などと脅迫めいた書き込みもあった。杉本さんは「だれかがあの手、この手で映像を削除させようとしていた。体調が悪くなり、なかなか眠れない日もあった」というほど困惑したという。

 ウサギはすくすくと成長しているようだ。しかし取材時、カメラのシャッター音にきょうだいのウサギはすぐ反応したが、耳なしウサギは鈍かったことから、杉本さんは「聴力に問題があるかもしれない」と話している。

耳がない原因については「地震で親ウサギに何かのストレスがあったかもしれないが、まったくわからない」といい、親ウサギも含めて研究機関に分析してもらう用意があるという。

 福島第1原発の事故を受け、政府は4月22日に「計画的避難区域」を定めた。浪江町は全域が第1原発の事故発生から1年間の積算放射線量が20ミリシーベルトを超えるおそれがある地域とし、「おおむね1カ月」で避難を完了させる方針を打ち出している。

 このため、今回の取材には放射線量計を持参。法的に原発から半径20キロ圏内には入れないため、それ以外の場所のみ移動した。同町内での最大値は毎時65マイクロシーベルトだったが、耳のないウサギのいる場所からは10キロ以上は離れていた。杉本さんは自前の線量計で自宅周辺を測定し、積算を試算したところ、積算量は年20ミリシーベルトを超えないことが分かったため、避難するつもりはないという。

 耳のないウサギは自然界で生まれてくるものなのか。複数の獣医師、研究者に問い合わせたが「見たことがないし、研究もしていないのでコメントできない」などの回答しか得られなかった。大阪府泉南市にあるブリーダー直営のウサギ専門店「シーズラビトリー」経営者、松島請弥さんは「数多くウサギの赤ちゃんを育ててきたが、うちでは見たことがない。ただし、生まれて間もないころにお母さんの歯が当たり、耳が切れてしまうことがある。2本とも耳が切れてしまった子もいたが、傷口は残る。毛をかき分けてみれば分かる」と指摘する。

 そこで記者は耳なしウサギを触らせてもらったところ、耳があるはずの部分はわずかに突起物のような感触もあったが、やはり毛で覆われているのみだった。







http://youtu.be/UqVY9azhH3U
事故後に政府が直ちに健康に被害が無いと報道を続ける中、30キロ圏外で屋内退避も不要だと言われた、浪江町津島にて、全く情報が無く、国と県との隠蔽工作で抹殺されるの­だと思った。
(浪江町の数値が大きすぎるせいか、報道にでたのは4月4日のニュースで浪江町赤宇木が10.3ミリと初めて出ましたが、実際は30ミリを超えていました。
翌日には別の町のニュースで消えていました。報道されないのですから、皆さんはご存じないのでしょう。北に5キロがその地点です。
その地点は現在は60ミリほどの積算量になっています。ダッシュ村付近の椚平は今も40μsvほどあります。文科省のHPを検索してください。)

3号機の爆発を知らずに、午後に自宅の敷地内で作業中に、顔と喉もひりひりするほどに焼かれて、私達は間もなく死ぬのかと。で、最後の晩餐だと、すぐに戸外からのウサギの­好きな青草を食べさていた結果、耳のない子うさぎが産まれた。
今までに初めての奇形である。
人間より生活サイクルが早い兎の次は、これからの子供達の産む赤ちゃんの未来図なのだろうか。
2ヶ月も経ってから、此処らの土壌汚染状態を教えられても、もう遅いのだ。
私も山菜を食べてしまったし、井戸水も飲んでいる。
土壌汚染度は60万~300万ベクレルらしい。
皆様の住む地域とは格段の違いがありますので、ご安心を。
焼けの状態については
顔と喉は強度の日焼け状態にヒリつき、1ヶ月後には痒みに変わってきましたが。現在は髪の地肌や眉毛が痒い状態と、痰がやたらと出る状態になっています。
13~15日あたりの、顔や目にしみる雨や空気を感じた人を探しています。いまだに喉や顔などに違和感がある人を知っていましたら、ご一報ください。
多分、標高500m程を通った風に乗ってきたのでしょうが。化学性の臭いや焦げ臭を感じた人もです。
14日15時に三春では1153μsv/hを計測している人がいます。

余りにも簡潔に書きすぎていて、理解できぬ人が多かったようなので、書き足しました。
しかし、何を書いても揚げ足取りが喜ぶだけなので、後はマスコミの方へ詳しくお話します。。
コメントがスパムになったり、消えるとかは私の知ることではありません。
誰が何を持って操作をしてるのかは、ハッカーを探してください。
私はこのサイトの操作はど素人なので、このコメントを書くのにも苦労しました。

ただいま研究機関への兄弟ウサギの提供を交渉していただいてます。
私ごときの者ではそのようなツテもございませんので、できませんでした。
取材の申し込みも数社ありますので、きちんとしたマスコミからの情報が、皆様の元へ届くと思います。
もうしばらくお待ちくださいませ。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

原発と白血病の因果関係(ドイツのテレビ番組) [内部被曝]







北ドイツの港町、ハンブルグから数十キロ離れた場所に、クリュンメル原子力発電所とGKSS原子力研究所、ふたつの原子力施設があります。1986年9月12日に、クリュ­ンメル原子力発電所のあちこちで、放射線測定器が異常に高い数値を示しました。

それから数年後、この地域で子どもの白血病が増えました。ある小さな村では(そこは、統計学上では60年に一人、白血病患者が出るかでないかといわれているのですが)たっ­た5年の間に、6人の子どもが白血病になりました。

その後も、小児の白血病患者は増え続け、このあたりは、世界で最も小児白血病の発病率が高い地域のひとつになっています。

なぜ、この地域で、たくさんの小児白血病患者があらわれたのか、白血病と原子力発電所に因果関係はあるのかを、様々な角度から取材をした、ドイツのテレビ局、ZDFのドキ­ュメンタリーです。

2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、福島第一原発で事故が起こりました。

福島原発の近くで、被曝の危険にさらされている人たちに対して、日本政府が避難命令を出さないことに、私は、大きな怒りを覚えています。

何も知らない、小さな子どもたちが、いま、この瞬間にも被曝しているであろうことが、悲しくて仕方がないです。

自分が、 世界中で一番愛する人間の身体が、
少しずつ、 少しずつ、
病に蝕まれながら、
その機能を失っていく。

そして、 最後に、 もう二度と会えなくなってしまうまでの、
苦しみ、 不安、 恐怖、 絶望、 悲しみ、
そういうものを抱えながら
生きていかなくてはならなくなる人が増えても、
まだ、原発を必要悪だと言えるのでしょうか。

論点をすり替えるために、
風評被害などという言葉をつくり、
内部被曝する人を増やしてはいけません。

農家の人たちが苦しまなくてはいけないのは、
野菜を買う人がいなくなったからではなくて、
原発事故が起こったからでしょう。

私たちは、もっと怒るべきだと思います。
これは、怒っていいことなのです。

賄賂とか、 天下りとか、 機密費とか、

政治家はずいぶん、ずるいことをしているけれど、
原発の問題はそんなレベルではない。

私たちの、私たちの愛する人の、命にかかわることなのです。

http://youtu.be/K3VFzSLFpwgより


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

放射能? α線? ストロンチウム? という人のために [放射能・放射線]

*α線、β線、γ線の違いについて、後半は、放射性物質についての解説。
6分47秒程で勉強できます。



*なぜプルトニウムを吸い込むのが危険なのか 。
27秒で勉強できます。



*死の灰"の放射線 世界初の確認
内部被曝のプルトニウムから60年以上経っても細胞内で放射線が出ている証拠!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

プルトニウムは食べても安全! [放射能・放射線]

プルトニウムは食べても安全という北大・奈良林直先生(原子力安全委専門委員)の説明です。
致死量は32g、毒性は塩と大差ない。紙一枚で止まる物質。
こうもはっきりと断言されるならご自分で食べて安全さを実証して欲しいものですね。
人類にとって貴重なデータが得られると思いますが・・・。
矢ヶ崎克馬先生の解説を見てください。プルトニウムがいかに危険であるかがわかります。
これほど荒唐無稽なことを平気で電波に乗せて広範に流す民放テレビっていったい何なんですかね。

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

矢ケ崎克馬琉球大名誉教授インタビュー(内部被曝) [矢ヶ崎克馬]


110527 矢ケ崎克馬琉球大名誉教授インタビュー




Video streaming by Ustream

1ミリシーベルトの内部被曝は80兆個ある全身の細胞を1個ずつ切断する量で発ガンさせるに十分の量。

ヨウ素131は半減期が8日で軽く見られがちだが、体内に入った場合8日間で、セシウム137半減期30年が30年間かかって出す放射線を出す。

プルトニウムは半減期2万4千年、ウラン235は7億年だが、プルトニウムはウラン235の29500倍被曝を与える。
自然界にある放射性物質の存在する形態と人工的放射性物質と形態が違う。
自然の海水中にあるウラン238は原子が一個一個別々にある。ウランが100万個もあるような集団になっていない。
それに対して人工的放射性物質は微粒子(塊かたまり)になり、その中に1兆個の原子がある。それが体内に入ると一つの場所で次々にアルファ線を出し直接打撃を受けなかった隣の細胞の遺伝子をも変成させてしまう。きわめて発がん性が高い。
自然界にある宇宙線の被曝は、まばらな分子切断しか行われない。健康被害が内部被曝に比べ少ない。

ICRPは構造的に内部被曝を無視している。
米国の核戦略には二つある。
1、米国は原爆の破壊力の大きさに驚いた。しかし原爆で世界支配したいために原爆の恐ろしさのさらに上積みをするような放射線で長期に人々を苦しめるということ、内部被曝を消したかった。原爆は通常兵器と同じであるといいたかった。
2、核兵器を作るときウランの濃縮をしなければならない。そのために、平和利用と称してウランの濃縮の設備を稼動し続けなければならない。そこで働く人々はどうあっても被曝する。
しかしそういうことを人々に受け入れさせなければならない。
だからそういう基準として内部被曝を軽視する。
ICRP基準は意図的体系的に構築された。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

NHKあさイチ 室井佑月が吠える  [原発]

5/26 NHKあさイチ・http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/05/26/01.html
<どうなっている?私たちのまわりの放射線量>
専門家ゲスト:中川恵一さん(東京大学医学部附属病院放射線科准教授)、山崎秀夫さん(近畿大学理工学部教授)
ゲスト:室井佑月さん、藤本美貴さん
リポーター:中谷文彦アナウンサー

「放射線汚染地図福島の学校は」に登場した作家・室井佑月さんのコメント




室井:「福島の学校って給食で地産地消って福島のものを子供たちに食べさせると言ってる。
おかしいと思わないか。」
NHK解説委員・柳澤秀夫:「その辺は子供が口にするものだし、市場に出ているものだから、きちんと調べて、大丈夫なものしか市場に出してない」



室井さんは、日本政府の基準値(↓参照)そのものが国際基準値と比べると「大丈夫」って思えないから言­ってる訳でしょ。
それに対してNHK解説委員・柳澤秀夫氏は、NHK発風評被害が(実際風評被害だとは思わないが)起こることを恐れているのか政府の言う暫定基準値を鵜呑みにして、相変わらず安全安心神話を撒き散らして、室井さんの素朴な疑問を否定するのに躍起です。
これだからNHKは信用できませんな。


参考資料・基準値http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.htmlより


*飲料水(Bq/L)

アメリカの法令基準:0.111
ドイツ水道協会:0.5
WHO基準:1
ウクライナ(セシウム137):2
ベラルーシ:10
国際法原発排水基準ヨウ素131:40
国際法原発排水基準セシウム137:90
日本の暫定基準値(乳児):100 日本の暫定基準値セシウム137:200 日本の暫定基準値ヨウ素131:300


*食べ物の基準値(Bq/kg)

WHO基準:10
ベラルーシ(子供):37
ウクライナ(野菜)セシウム137:40
ベラルーシ(野菜):100
アメリカの法令基準:170
これまでの日本の輸入規制値:370
日本の暫定基準値(野菜)セシウム137:500
WHO基準(餓死を避けるための非常事態時):1000
日本の暫定基準値(野菜)ヨウ素131:2000


*ドイツ放射線防護協会による推奨
http://seto.blog.so-net.ne.jp/2011-05-15#favoriteより


セシウム137 を含む飲食物(乳児、子ども、青少年):4Bq/Kg
セシウム137 を含む飲食物(成人):8Bq /Kg

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

再生可能エネルギー先進国”に学ぶ [ISEP]

NHK ワールドWave トゥナイト 2011年5月18日 放送

*再生可能エネルギー先進国”に学ぶ
 ~原発なきエネルギー政策は可能か~

http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_tonight_20110518_1104

番組案内

再生可能エネルギーとは、自然界で繰り返して起こる現象を利用して得られるエネルギーのことです。
電力供給のなかで再生可能エネルギーが占める割合は、日本は3.4%(2009年)ですが、オーストリアは65%(2008年)、ニュージーランドは74%(2009年)も占めています。
両国とも、原発に頼らないエネルギー政策を進めてきた国でもあります。

日本は原発への依存から脱却することができるのか?原発に頼らずエネルギーを確保している「非原発国」のニュージーランドとオーストリアの現状を通し、今後の日本のエネルギー政策を考えます。

出演:
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
向井麻里(シドニー支局)
高橋潤(ウィーン支局)




* 岩上安身氏によるISEP所長飯田哲也氏インタビュー



Video streaming by Ustream
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

東京都内各地の空中放射線量測定結果について [放射能・放射線]

日本共産党都議団が、5月6日より25日までの間、専門家の協力も得て、都内全域で放射線量測定を行なってくれたそうです。
東京都では新宿しか測定していなかったから、これはとても有難いです。
土壌検査もやって欲しい!!。。。

http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904.html

http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_1.pdf

http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_2.pdf

http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_3.pdf

http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_4.pdf

http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_5.pdf

http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_10.pdf


*原子力産業協会:東日本大震災後「原発は安全」 海外向けPR
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110525dde041040080000c.html

原発関連のメーカーや電力会社、研究機関などでつくる社団法人「日本原子力産業協会」(原産協会、今井敬会長)が、東日本大震災後の4月19日から「日本の原発は安全で高品質」と海外向けにPRする冊子をホームページ(HP)上で公開していることが分かった。東京電力福島第1原発事故で安全性への懸念が高まる中、事故に触れずに原発輸出のPRを続ける姿勢に海外から批判も出ている。

 冊子は「日本原子力購入ガイド2011」。全約100ページで、震災発生前に作製が始まり、4月19日に原産協会の英語版HPに掲載された。会員企業の国内メーカーやゼネコンなどの原子力関連商品や事業の内容を英語で紹介している。

 冊子は冒頭で「日本の原子力産業界は、信頼できる最高級の部品を使い、高性能の原発を建てている」とアピール。「日本の原子力の現状と将来」と題したページでは、「日本の原発は7000時間当たりの緊急停止割合が世界一低く、最高水準の安全性を実証している」と日本原発の安全性を強調している。【林田七恵、日野行介】

原発事故がまだまだ収束どころか依然解決方法がわからないという深刻な状態でありながら、 もう海外で原発輸出のPRをしているとは信じられない!! 恐るべし!原子力村の村人たち!!
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グリーンピースの海洋調査/小出先生の国会報告 [小出裕章]

2011.5.24、5.25MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章先生(京大原子炉実験所助教)が出演されました。





ブラックジョークとしてのチャイナシンドローム



・(汚染水も満水に近付いている。どこに移せばいいか?)いま場所はない。メガフロートでは足りない。二ヶ月前から言っているが、タンカーをつれてくるのが解決の早道。それには政治の介入が必要。

・(梅雨の雨は関係してくる?)関係する。どうしたらいいか分からない。雨が降ると染みこんで汚染水の量を増やしていく。海に溢れるのは避けられない。早急に手を打たなければならないが、二ヶ月も手をこまねいていた。政治的決断が必要。早く汚染水移動を。

・(政治の出番?)田中真紀子さんと話したときも私は政治の出番だと言った。彼女も同意した。

・(従来のやり方では全くダメということ?)循環させるとしても、溶けたウランの塊は格納容器の下に落ちていっている。水を循環させても、溶けて出てしまっているウランの冷却にはほとんど効果がない。私の推測が正しければ冷やすということはできない。

・(工程表は?)もともと出来ないと言ってきた。水棺自体できないし、循環式冷却もそれを前提としていたわけだが。

・(東電は既に織り込み済みだった?)違う。水棺を踏まえた上で循環冷却に進もうとしていたが、底が抜けていれば循環に意味はない。

・(核燃料はいまどこに?)格納容器の鉄板の下は分厚いコンクリート。それを順番に溶かしながらコンクリートを突き抜けて下に落ちていっている。

・(これを止めるのは?)水をそこに到達させて冷やせればいい。だが、構造物の中に穴をあけて溶け落ちていっているため、上から水をかけるだけではだめだろう。

・(チャイナシンドローム?)チャイナシンドロームは米国の原発の事故により溶けた燃料が地球の裏側の中国に出てくるというブラックジョーク。そういうことにはならない。数メートルから10メートル。いずれにしても地下水があってそれと接触する。そうなると汚染が拡大する。その拡大を防ぐための措置が求められる。




*2011/5/26 規制値超の放射性物質を魚、貝などからも検出 グリーンピースの海洋調査で、政府に再度調査を要請

福島原発周辺海洋調査の結果発表
•海洋調査による海産物の放射性物質データ(表) http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/Final_seafood_data.pdf
•海洋調査による海産物の放射性物質データ(地図)
http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244,0&msa=0&msid=212154787571850954707.0004a41428d9fba2fa40e&ll=37.317752,141.545105&spn=1.387007,2.90863&z=9
•2011年5月26日プレスリリース
「規制値超の放射性物質を魚、貝などからも検出 グリーンピースの海洋調査で、政府に再度調査を要請」http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/pr20110526/
•内閣総理大臣宛「海洋環境への放射能汚染水放出の影響と早急な対応の必要性を求める申し入れ -グリーンピースの緊急要請-」
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20110525_request.pdf
•プレゼンテーション資料
http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20110526_MarineResearchpresentation.pdf

グリンピースが発表した海洋調査による海産物の放射性物質データを見ると海藻類にヨウ素131が多く蓄積されている。まだまだ新しい放射性汚染水が福島第一原発から流出しているって事でしょう。垂れ流しの底なし沼状態ですね。もう日本の海藻も魚も食べらなくなるなるよ!!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。