So-net無料ブログ作成
検索選択
河田昌東 ブログトップ

東京でも母乳から放射性物質が検出 [河田昌東]



市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」は5月18日、厚生労働省で記者会見をし、独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析した結果、福島県3名、茨城県1名、東京­都1名の合計5名から放射性ヨウ素やセシウム134、セシウム137を検出したと発表。国や自治体に対し、全数調査を行うように訴えた。
 
母乳の検査は、前回4月21日に公表した9人に加え、新たに福島県、茨城県、千葉県、栃木県、東京都在住の母親計40名から母乳の提供を受け検査をした。
 
検査の結果、茨城県土浦市在住の母親からは、1キログラムあたり、­セシウム137が8ベクレル。福島県福島市の母親の母乳からは、セシウム134が5.1ベクレル、福島­県西白河郡の母親からは、セシウム134が4.8ベクレル、セシウム137が5.7ベクレル。福島県いわき市の母親からは、ヨウ素131が5.5ベクレル。東京都三鷹の母­親から、セシウム137を4.8ベクレル検出した。
 
17日発表された政府の調査では、母乳から放射性物質が検出されなかったとされているが、5月になってもヨウ素が検出されていることから、福島第一原発の放射性物質の流出­が止まらない限り、母親が新たに放射性物質を摂取する可能性は否めない。東京在住の母親からもセシウムが検出されていることから、母乳調査・母子支援ネットワークの発起人­で四日市大非常勤講師の河田 昌東さんは「特定はできないが、食べ物、飲み物が原因と考えられる。今後広い範囲で母乳の放射線汚染が出てくる可能性もある。さらに多くの調査を国や地方自治体が実施する­必要がある」と訴えた。

日本の食品の暫定基準は、飲料水/牛乳・乳製品が、ヨウ素で1リットル300ベクレル以下
セシウムでは1リットル200ベクレル以下と定められているが、1リットル、ヨウ素、セシウムともに1リットル10ベクレル以下としているWHOの基準より、20倍から3­0倍緩い基準となっている。
 
また野菜に関しても、日本では1キロあたりヨウ素は2000ベクレル以下、セシウムが500ベクレル以下とされているが、欧米の基準は1キロあたりセシウムは370ベクレ­ル以下とされている。日本が食品を輸入する際の基準値も同じ370ベクレルとなっている。
 
記者会見で配布された資料
「母乳の放射能汚染に関する調査結果」
http://www.ourplanet-tv.org/files/pdf_4

河田先生「基準値以下ということで野菜類など出荷制限の解除がされている。広く流通が始まっている。」 やはり風評被害なんかじゃない!実際に汚染している食べ物が流通しているって事。これだけ基準値がゆるいと基準値以下だから安全といって加工食品の方へも回っていくだろうからこれから加工食品も安全とは言い切れなくなるだろうなぁ。。

*福島県出身の30代女性の手紙から

その一部を転載させていただきました。

福島の実態です。 

以下転載
 

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

河田昌東先生インタビュー&原発勉強会 [河田昌東]

河田昌東先生(四日市大学非常勤講師)、反骨の学者。
名古屋大学理学部を助手のまま退職されたそうです。
チェルノブイリ救援・中部の活動。
チェルノブイリ福島原発の状況を踏まえた河田昌東先生へのインタビュー
聞き手:宮腰吉郎氏

内容

*母乳汚染対策・・・井戸水は当分安全。
*土壌汚染対策・・・表面10センチ剥離。バイオレメディエーション(土壌汚染を生物を使って元に戻す処理)ストロンチウムは水溶性高く土壌に浸透しやすいが吸収がよく浄化速度は速い。
*飯館村の避難勧告・・・チェルノブイリの後追い
*海洋汚染*原子炉の状態*再臨界*ヨウ素*避難指示*乳牛の移動
*遺伝子組み換え・・・セシウムなどを濃縮するような生物遺伝子があるかどうか。理論的には可能。
*ガンマ線以外の放射線測定*年齢別避難指示*放射能対策*今後の見通し*圧力容器の底*チェルノブイリとの違い*海水汚染拡散



Video streaming by Ustream


2011/04/10原発勉強
河田昌東先生講演-
チェルノブイリ救援・中部理事の河田昌東先生が原発事故の人体や環境への影響 等をチェルノブイリとの比較を交えて解説。




Video streaming by Ustream

来場者から寄せられた原発に関する質問シートに回答。




Video streaming by Ustream
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
河田昌東 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。