So-net無料ブログ作成
高野雅夫 ブログトップ

卒・原発でエネルギーと暮らしをどうしたらよいの? [高野雅夫]

・名古屋大学大学院環境学研究科准教授・高野雅夫先生の講演。


*高野雅夫先生プロフィール
名古屋大学大学院環境学研究科准教授
持続性学・地球科学。
最近は宮本常一と星野道夫にはまっている。



*卒・原発でエネルギーと暮らしをどうしたらよいの?

原発を止めると、どうなるのでしょうか?
エネルギーシフトと言われますが、どこにシフトしていけばよいのでしょうか?
自然エネルギーってどういうもの?
私たちひとりひとりができることは何でしょうか?
どういうふうに考え方を切り替えればよいのでしょうか?
いっぱいの????について考えるために、
里山の中で小さな自然エネルギーを利用する
実践を通して気がついたことをお伝えします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++


<腑に落ちるエネルギー問題>

高野雅夫(名古屋大学大学院環境学研究科准教授)



1.原子力を卒業しよう!

*「原子力が止まれば計画停電」は世論操作

+火力をもっと動かせば原発はすぐに止められる

+「エネルギーシフト」=「脱原発は自然エネルギーで」の混乱

+二段階で考えよう:原子力→天然ガス→自然エネルギー



*フクシマで何がおこっているか?

+日本史上最大最悪の環境汚染事件

+「因果関係は証明できない」ので「責任はない」?:水俣の轍をふむのか

+チェルノブイリに学ぶ

+今この瞬間に子どもたちが被曝している



*なぜ地震国に原発なの?

+環太平洋造山帯に原発の無理・廃棄物処理のめどのないままスタートの無理

+原発導入の最大の動機は「日本の共産化を防ぐ」こと

+福島第一原発に津波対策なし



*原子力は「夢のエネルギー」か?

+軽水炉で天然ウランを燃やしているだけならすぐに枯渇

+プルトニウムをとりだして高速増殖炉ではじめて「夢のエネルギー」に

+高速増殖炉は失敗した

+プルトニウム在庫問題:日本核武装?



*原子力ってなんだったの?

+大規模集中の極み:電力会社の経営にはメリット大

+日常的な外部への放射性物質放出と日常的な作業員の被曝

+事故の際の致命的な被害

+消費者に何もメリットない:続けます?→卒業しよう!



2.自然エネルギーという生き方

*農業用水路のかわいい水車

+らせん水車:百年前の技術

+40Wで過ごす静かな夜



*自然エネルギー100%の公共施設

+里山再生の拠点「すげの里」

+地中熱利用でエアコンなし

+ウッドボイラーで石油より安く・地域の生業をつくりだす

+ミニミニ水車で獣害対策

+家畜のうんちはお宝:バイオガス

+太陽熱・地中熱・小水力・バイオマス・太陽光・風力の順で考える



*自然とは?里山で考える

+里山=人間がその一部である生態系

+古老に聞く相互扶助の暮らし

+厳しく貧しい暮らしからエコでおしゃれな暮らしへ

+自分でつくる喜び:食もエネルギーも

+自然(じねん)=自ずから然るべきようになること(内山節氏)

+都市から夢と希望を抱いてやってくるワカモノたち



*千年持続可能なエネルギーシフトとは

+都市は天然ガス社会へ

+農山村は自然エネルギー社会へ

+都市へのシフトから農山村へのシフトへ

+都市の魅力を再構築すること

+誰もが自然(じねん)に生きられる社会へ








Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream


*ガン以外の健康被害も深刻

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
高野雅夫 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。