So-net無料ブログ作成
検索選択
小林圭二 ブログトップ

熊取6人衆、小林圭二氏を講師に迎えたさよなら原発連続講座/省庁が東電や関電から電気を買わない [小林圭二]

福島みずほ対談31 小林圭二さん「高速増殖炉もんじゅを廃炉に!」


(2011年8月4日)
小林圭二さん(元京大原子炉実験所講師)と対談しました
「高速増殖炉もんじゅを廃炉に!」

《小林圭二氏プロフィール》
'39年大連市生まれ。
京都大学工学部原子核工学科卒、京都大学原子炉実験所助手、同講師をへて'03年定年退職。
原子力発電の実用化に夢を抱き原子力を専攻、原子力開発研究者の道を歩み始めた。
やがて、原子力界の矛盾に気づき、70年代前半、四国電力伊方原子力発電所1号建設に反対する住民訴訟の支援を契機に原発反対へと舵を切る。熊取6人衆の一人。
【主な著書】 「高速増殖炉もんじゅ巨大核技術の夢と現実」七つ森書館 「原発の安全上欠陥」(共著)第三書館他多数
**********************************************************************************************************************


110805 熊取6人衆、小林圭二氏を講師に迎えたさよなら原発連続講座第1回 



Video streaming by Ustream


▽内容要旨

「撒き散らされた放射能は、炉の中に蓄積された死の灰。爆発の種類によってこの中のどれだけが出たのか決まる。全国各地の原発で事故が起きたらという関心も多い。若狭湾に14基ある原発は琵琶湖まで包む」
小林「もんじゅで事故が起きれば、チェルノ同様。核爆発の可能性がある。福島原発と比べても、もんじゅは、桁違いに放射性物質の量を孕んでいる。原子炉圧力容器の燃料部、炉心。燃料集合体→燃料棒→ペレット…二酸化ウラン。固められており溶けにくく、2800度で溶ける」
人体に対する被害について。
小林「身体的影響は急性、晩発に分けられる。急性→4Sv浴びると、半数が死ぬ。6Svで90%死に至る。晩発→ガン、白血病等。細胞が死ぬまでには至らないが、遺伝子が傷付けられる。修復失敗、傷付いたDNAが細胞分裂で増え、発症へ」。
小林「やっかいなのは因果関係の証明。原発被害だとしても、晩発だと泣き寝入りさせられるようになり兼ねない。御用学者は100mSvまでは心配ないと言うが、それはウソ。被曝量と発ガンの関係」。添付。 http://twitpic.com/617o0j
小林「ベクレルとは、1秒間に一発放射線を出すのが1ベクレル。10、100、と同様。α線は、紙一枚で防げる。外部被曝を避けようとすれば、簡単。問題はガンマ線。鉛ならば防げるが、アルミ等簡単に通過。外部被曝とは、主にガンマ線によるもの、と言える」
小林「α線が身体に入ると、寝ても覚めても体内から蝕み続ける。遠くに飛ばない分、近くを集中的に攻撃し続ける。種類にもよるが、ガンマ線の場合、体内への影響はαよりも少ない」
小林「原発には非常用ディーゼルがある。福島原発は津波によりこちらも壊れ、完全停電状態。しかし、被害が本当に津波からのものかは今もわかっていない。停止中だったものと違い、運転中だった1〜3号機はことごとく大事に至った。冷却がストップ後2時間で空炊き開始」。
小林「スリーマイルでも空炊きが起きた。圧力容器の一部を溶かし始めた程度で止まった。が、福島原発は溶け、大量に流れ出し、メルトスルー。燃料被覆管ジルコニウムと水が反応し、さらに温度が上がり、水素も出来る」
小林「燃料棒が水から頭を出すと、炉心溶融まで早いのはスリーマイルからも明らか。1号機は終わりだ、とすぐわかった。学者も、事故直後にわかっていたはずだが、あくまで損傷と言い、溶融とは言わなかった。東電はこれらを想定外とし、責任回避に回っている」。
小林「想定は5.6m。しかし、今回のは14mの津波だったとしている。かつて、耐震性見直し審議の中で、1800年代にあった大津波の引用を無視し、対策をとって来なかった。1500年にもあったが、それも無視し。斑目さんも、長時間停電を想定外とした
小林「飯舘村は、避難すべき状態であったにも関わらず、長いこと避難を促されなかった。避難対応はことごとく後手。避難指示、初めは2キロ。国の避難指針は元々8〜10キロ。それ以外は知らん、というもの。同心円なんて測り方も非現実的」
http://twitpic.com/61893r
小林「原発を止めても、水力火力でまかない切れる都市がほとんど。ピーク時の需要調整をすればいいだけ。自家発電の能力は、全国で6000万KWある。ダイジョーブだぁ。一度事故が起きれば取り返しがつかない。原発依存から脱するという流れ。機会を逃さず、運動へ。」

続きを読む


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画
小林圭二 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。