So-net無料ブログ作成
検索選択
村上春樹 ブログトップ

村上春樹氏「原発批判」演説 [村上春樹]

作家の村上春樹さんがスペインのカタルーニャ国際賞授賞式でスピーチしました。
スピーチで原発事故に触れ、「日本人は、核に対して『ノー』と叫び続けるべきだった」「『効率』や『便宜』という名前を持つ災厄の犬たちに追いつかせてはなりません。我々は力強い足取りで前に進んでいく『非現実的な夢想家』でなくてはならない」と述べました。


スピーチ原稿全文を知りたい方はこちらhttp://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html?toprank=onehour











*演説内容の中から


《電力会社は膨大な金を宣伝費としてばら撒き、メディアを買収し、原発はどこまでも安全だという幻想を国民に植え付けてきました。 先ず既成事実が作られました。 原発に危惧を抱く人々に対しては、「じゃあ、あなたは電気が足りなくなってもいいんですね。」「夏場にエアコンが使えなくなってもいいんですね。」という脅しが向けられます。 原発に疑問を呈する人々には、「非現実的な夢想家」というレッテルが張られていきます。 原発を推進する人々が主張した「現実を見なさい」という現実とは、実は現実でも何でもな く、ただの表面的な「便宜」に過ぎなかったのです。 それを彼らは現実という言葉に置き換え、論理をすり替えていたのです。》



良くぞ言ってくれました!! さすが世界的作家の村上春樹さんです。 同じ「春樹」さんでも、どこかの”出鱈目”さんとは大大大違いですね!
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
村上春樹 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。